「ツメを折って保存」「リール穴を鉛筆でクルクル」~懐かしのカセットテープあるある

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月18日放送分のテーマは「カセットテープの雑学」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

カセットテープの先頭部分には、「リーダーテープ」と呼ばれる透明または白色のテープが付いています。これはカセットテープを保護するためのテープで、時間にして5秒程度ありますが、録音はできません。

リーダーテープの部分を飛ばしておかないと、曲のイントロや頭の部分が欠けてしまいます。そのため、リールの穴のところに鉛筆などを差し込んで、クルクル回します。

また、カセットテープの頭の部分にはツメが付いています。このツメをドライバーなどで折っておくと、録音ボタンが押せないようになっています。それによって大切に保存しておきたい録音など、誤って消してしまうのを防いでくれます。

ツメを折ったカセットテープでも、保存する必要がなくなったときは、折ってしまったツメの部分にテープを貼れば再び録音することができます。

自分のお気に入りの曲を録音した際、「インデックスカード」と呼ばれる紙に曲名を書き込みます。カセットテープのタイトル部分にもアーティストやアルバム名を書き込めますが、レタリングシールなどで、アルファベット1文字ずつ書いていた方も多かったそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top