なぜ水族館の照明は「暗く設定されている」のか

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月24日放送分のテーマは「水族館の豆知識」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

水族館内は暗いことが多いですが、「暗くすることで水槽がよく目立つ」「水槽のガラスに光が反射して内部が見えにくくなるのを防ぐ」「幻想的な雰囲気をつくり出す」などのメリットがあります。

また、「水槽内にいる魚たちのストレスを減らす」ということも大きな理由の1つだそうです。

水族館にいる魚たちは昼間、常に人から見られています。視線を感じ続けるとストレスを受け、体調を崩してしまうことがあるそうです。そこで水槽内を明るくし、逆に外を暗くすることによって、なかから外がなるべく見えないようにしているそうです。

ただし、深海魚のいる水槽は深海に合わせて、照明も暗くなっています。深海魚の多くはデリケートなため、静かに見てあげるといいそうです。

また水族館の水槽では、大きな魚も小さな魚も一緒に泳いでいますが、「食べられてしまうことはないのか」という疑問があります。

確かに自然界だと、大きな魚は小さな魚を食べています。しかし、同じ水槽のなかで長いこと一緒に生活していると、お互いに慣れてしまうのか、襲われることはあまりないそうです。

また、空腹で小さな魚を食べないように、魚たちには充分な量の餌を与えるように配慮しているそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top