超子育てアドバイザー・中山淳子が、息子に聞いた「胎内記憶」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(9月26日放送)に、超子育てアドバイザーの中山淳子が出演。「胎内記憶」について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):中山さんは35歳でご結婚され、41歳目前で息子さんを出産されました。前回は、妊活5年目にして妊娠判定で陽性となり、「天神地下街のイルミネーションが初めて綺麗に見えた」というお話をしていただきました。

自見はなこ:息子さんに、「胎内記憶」について聞いてみたそうですね。

中山:「胎内記憶を持つ子がいる」という話を耳にして、わが子にも聞いてみたいと思っていました。2歳半~3歳ぐらいがベストということで、それぐらいの年齢の時期に聞いてみたところ、「お母さんのお腹のなかは居心地がいいから、見つからないように逃げ回っていた」と言うのです。

淵沢:「ずっとここにいたい」と。

中山:そして、「ちょうどいい時期に背中をポンと押された」ということを言っていました。それがまさに妊活休暇、不妊治療休暇のときなのかなと思います。

自見:誰に背中を押されたのか聞いてみましたか?

中山:聞き忘れていて、最近になって聞いてみたら、「そんなことを言うわけがないでしょう」と。すっかり忘れてしまったようです(笑)。

自見:なるほど。また、息子さんの些細な一言に考えさせられることが多いそうですね。

中山:私が高齢出産のため、ママ友のなかでもお姉さんなのです。子ども同士で「お母さんは何歳?」という話のとき、息子は私の年齢を気にします。また息子が大きくなった際に、お母さんは何歳になるだろうと計算して、「僕は早く結婚する。そうすればお母さんは早くおばあちゃんになれるよね。僕の子どもも見れるよね」と。

自見:親孝行ですね。

中山:「子どもなりにいろいろと考えているのだな」と感じます。

自見:ご主人との合言葉は、「息子が成人するまで元気でいよう」だそうですね。

中山:運動会で走るときも、周りは若いお父さんやお母さんです。でも息子が「僕のお父さんやお母さんを見て!」と言ってくれるように、私たちは元気に生きて行かないといけませんし、健康問題は子どもが大きくなるにつれて大事になることです。「風邪もひかないように頑張ろうね」が合言葉になっています。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)


Page top