小名浜美食ホテルは、なぜ「駅弁屋さん」になったのか?

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】
「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

画像を見る(全11枚) カジキソースカツ丼

全国の駅弁屋さんの多くは国鉄時代、さらには鉄道草創期から営業する百年企業です。そのなかにあって最も“若い”と言っても過言ではない駅弁屋さんが、福島県の常磐線で、平成27(2015)年から、いわき駅の駅弁を手掛けている「小名浜美食ホテル(株式会社アクアマリンパークウェアハウス)」です。どうして、小名浜美食ホテルは、創業10年弱で、駅弁参入のきっかけを掴んだのでしょうか?

E657系電車・特急「ひたち」、常磐線・内郷~湯本間

「駅弁屋さんの厨房ですよ!」第38弾・小名浜美食ホテル編(第4回/全6回)

いわき駅を発車した品川行の特急「ひたち」が、いわき湯本の温泉街に入ってきました。湯本駅はいわき湯本温泉の玄関口。「ひたち」の発着ホームには、温泉旅を楽しもうと、大きな荷物を持った旅行者の姿が目立ちます。上野~湯本間は、2時間ちょっとの旅。駅弁をいただいたり、静かに軽く一杯やりつつ移動するには、ちょうどいい所要時間です。

湯本駅と足湯

いわき湯本温泉は、奈良時代の開湯とも云われており、1300年以上の歴史を誇ります。それぞれの温泉宿や足湯などに注がれているお湯の源泉は、58.0℃、ph8.0、成分総計1844mg/kgの含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉。駅から温泉街をそぞろ歩けば、フワッと硫黄系の湯の香が漂い、心癒されます。温泉街の食事処が充実しているので、食事が料金に含まれないB&Bタイプの宿でも、お得に温泉旅を満喫できます。

小名浜美食ホテル・鈴木社長

湯本駅のNEWDAYSでも販売され、温泉帰りの皆さんの「旅のお供」となっているのが、小名浜美食ホテル(株式会社アクアマリンパークウェアハウス)の駅弁です。鈴木泰弘社長は、「小名浜港の再開発と東日本大震災、この2つがなかったら、駅弁屋にはなっていない」と話します。百年企業がひしめく駅弁の業界に、創業10年にも満たない企業が、参入した背景には何があったのでしょうか。

いわき運輸区の皆さん(2016年、団体臨時列車取材時に撮影)

●震災復興で生まれたいわき新名物「カジキメンチ」が導いた、駅弁への道!

―小名浜港で「小名浜美食ホテル」をやっていた「株式会社アクアマリンパークウェアハウス」は、なぜ「駅弁屋さん」になったんですか?

鈴木:東日本大震災で被災してから、いわき中央卸売市場や広告代理店と一緒に「いわきの新名物」を作ることになりました。いわきで待っていても仕方ないので、外へ打って出て売れる名物を通じて地域とつなごうというわけです。いわき市では長年「サンシャインいわきビルフィッシュトーナメント」というカジキ釣りの大会が行われていました。これに注目して大会スタッフも加わり、「カジキメンチ」を開発して、弊社が物産展へ売りに行ったんです。

―そこから「駅弁」には、どうつながっていったんですか?

鈴木:この取り組みにJR東日本水戸支社・いわき運輸区の皆さんが注目して下さいました。いわき駅では駅前の住吉屋さんが駅弁を製造していたのですが、残念ながら、平成17(2005)年に廃業されてしまいました。その後、約10年にわたっていわき駅・オリジナルの駅弁がない状況が続いていたんです。そこで、いわき運輸区の皆さんが何とか駅弁を復活させたいと、弊社に「駅弁を作りませんか?」と、話を持って来て下さったんです。

かつてのいわき駅弁・住吉屋(2002年撮影)

●JRの皆さんの駅弁への情熱が生んだ「潮目の駅弁」!

―いわき駅弁の「空白の10年」……ありましたね。

鈴木:住吉屋さんはもともと、駅前旅館でした。住吉屋といえば「うに弁当」ですね。私が高校生のころも平駅(当時)が誇る地元の味として広く知られていました。特にJRの皆さんの駅弁への思い入れが強くて、特急始発駅のいわき駅にオリジナルの駅弁がないことを、気にかけていらっしゃいました。その熱量が1つの駅弁として形になったものだと思います。こちらとしては本当にありがたい話で、喜んで製造を受けることにいたしました。

―どうやって「駅弁」を作っていったんですか?

鈴木:開発に当たってはJRいわき運輸区の運転士さん・車掌さんをはじめ、若手からベテランまで多くの方がアイディアを出し合って、喧々諤々の議論を重ねました。開発会議は面白かったですね! JRさん発案の企画ということもあり、駅弁を売る日本レストランエンタプライズ(当時、現・JR東日本クロスステーションフーズカンパニー)さんへもスムーズに話を通していただき、平成27(2015)年、「潮目の駅弁」を発売することができました。

「浜街道 潮目の駅弁」発売当時のいわき駅売店に貼りだされたポスター(2015年撮影)

●普通の食べ物と「駅弁」は、全く違う作りの食べ物!

―「潮目の駅弁」の開発では、どんなご苦労がありましたか?

鈴木:駅弁ってご当地感が全ての存在だと思います。その場所で食べられるだけでなく、さまざまな形で、全国を「旅する」ものだと思うんです。だから何を入れたらいいかよく議論しました。例えば、いわきの魚・メヒカリを入れたいとか、(うに弁当の歴史やうにの貝焼きという郷土食もあるので)うにも入れたいとか。とくに「蒸しうに」は、食の安全を保つのが本当に難しかったです。(ノウハウのある)いまなら、どんな食材でも難なくできるのですが……。

―「駅弁」作りの洗礼を受けた感じですね。

鈴木:まちの飲食店をやっている立場からすると、「駅弁」は全く違うつくりの食べ物です。イートインでどれだけ美味しいものを出していても、それはそのまま「駅弁」にはなりません。もしも、お店と同様に作ったものをそのまま蓋をすると、汗をかいて(結露して)しまいます。惣菜の経験もなくて駅弁作りに入ったので、本当に試行錯誤でした。保存性を担保するのにいちばん苦労しました。老舗駅弁屋さんからしたら、ひよっこみたいな話ですけれどね。

カジキソースカツ丼

小名浜美食ホテルの駅弁参入のきっかけとなったカジキメンチ。このカジキを使ったまちおこしは高く評価され、「フードアクションニッポンアワード2015」の普及啓蒙部門で、見事、優秀賞を受賞しました。その系譜を継ぐ駅弁が、「カジキソースカツ丼」(1000円)です。小名浜沖は暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかる「潮目の海」。この豊かな潮目の漁場には、300kgを超える大物カジキもやってくると言います。

画像を見る(全11枚) カジキソースカツ丼

【おしながき】
・白飯(福島県産米)
・オリジナルソースのカジキフライ
・煮物(里芋、人参、椎茸、筍)

カジキソースカツ丼

福島県産の白いご飯の上に、香ばしいオリジナルのソースがしみ込んだカジキのカツが、ずっしりと載った「カジキソースカツ丼」。できるだけカジキの味を活かせるように、小名浜美食ホテルが経営するイタリアンレストラン「アクア・サルーテ」のこだわりのシェフの方がソースを開発したと言います。全国にカツ駅弁は多くあっても、カジキのカツは唯一無二。いわきの皆さんの震災復興への思いも一緒にいただくことで、味わい深いものとなります。

E501系電車・普通列車、常磐線・湯本~泉間

特急「ひたち」が停まらない駅をカバーしていくのが、日中のいわき周辺では概ね毎時1本が運行される常磐線の普通列車です。土浦~いわき間では、かつては長い編成で首都圏の通勤輸送も担った、エメラルドグリーンの帯を巻いた車両が、いまも活躍しています。次回は、小名浜美食ホテルの食へのこだわり、さらにはコロナ禍についても伺います。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Page top