須田慎一郎

「須田慎一郎」に関する記事一覧ページです。

自衛隊の医療スタッフだけで足りるのか~東京・大阪大規模接種会場使用へ向けモデルナ製ワクチン承認へ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月3日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。新型コロナウイルスワクチンの東京・大阪の大規模接種会場での接種について解説した。 接種のスピードを上げたい政府の強い意…

“護憲派”新聞の世論調査でも「賛成」が上回る~憲法改正の必要性が緊急事態宣言下の“矛盾”で醸成か

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月3日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。憲法改正について解説した。 新聞各紙世論調査での賛否 朝日は拮抗、毎日は賛成が大きく上回る 飯田)5月3日は祝日、憲法…

“全く間違っていた”これまでの措置~「緊急事態宣言」発出要請で転換する大阪府の意図

ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(4月21日放送)にジャーナリスト・須田慎一郎が出演。大阪府が国に要請した緊急事態宣言について解説した。 大阪府が緊急事態宣言の発出を国に要請 大阪府は新型コロナウイルス対策本部…

小池都知事単独インタビュー~ワクチンが来るまでは「東京へは来ないでいただきたい」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月19日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。小池百合子東京都知事のインタビューを中心に新型コロナウイルス対策の今後について解説した。 ワクチンが来るまでは何とし…

「1対1の会談が20分間だけ」はアメリカでどう評価されているのか~現地記者に訊く日米首脳会談

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月19日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。現地時間4月16日にワシントンで行われた菅総理とバイデン大統領による日米首脳会談について、産経新聞ワシントン支局長の…

握手に見せかけて中国を追い込むアメリカの裏の思惑~地球温暖化対策に関する米中「共同声明」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月19日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。米中が4月17日に発表した気候変動に関する共同声明について解説した。 アメリカと中国が地球温暖化対策に関する共同声明…

“嫌い”“嘘つき”“裏切り”……低レベルの1都3県知事の綱引き 緊急事態宣言解除で首都圏に生じた歪み

ジャーナリスト・須田慎一郎が3月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン』に出演。緊急事態宣言発出における首都圏の1都3県の知事の駆け引きについて解説した。 1人で官邸…

実は“武漢”に垣間見えた、日本政府がジェノサイド認定に尻込みする理由~中国のウイグル弾圧

ジャーナリスト・須田慎一郎が3月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン』に出演。日本の対中政策のダブルスタンダードについて解説した。 世界中に衝撃を与えたBBCでの実…

「報道するとブーメランで自分たちに返って来てしまう」総務省接待問題の冷淡な報道の背景を須田慎一郎が解説

ジャーナリスト・須田慎一郎が3月21日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン』に出演。総務省幹部が放送事業会社「東北新社」から接待を受けた問題の報道の少なさについて、メディ…

ブリンケン国務長官とオースティン国防長官が来日~バイデン政権は中国、北朝鮮にどう臨むのか

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月15日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカのブリンケン国務長官とオースティン国防長官が来日するというニュースについて解説した。 ブリンケン国務長官とオ…

予定通り3月21日で緊急事態宣言解除か~根拠不明な小池知事の「病床使用率20%」に惑わされる政府

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月15日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。政府は3月21日に緊急事態宣言を解除する方向であるというニュースについて解説した。 政府、3月21日で緊急事態宣言解…

救世主となるか国産「アンジェス」ワクチン 厚労省が止めていた成果公表、6月にも

ジャーナリスト・須田慎一郎が3月14日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン』に出演。医療新興企業アンジェスによる期待の“国産ワクチン”の研究開発について自身の取材をもとに…

尖閣に飛び火する「台湾有事」 中国の目的は「中国統一」という大義などではない

ジャーナリスト・須田慎一郎が3月7日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『須田慎一郎のスクープ ニュース オンライン』に出演。「海警法」施行以降、さらに尖閣諸島における強硬な航行を行っている中国の、その根底にある強…

Page top