横浜駅「えびシウマイ弁当」(920円)~期間限定!ピンクのシウマイ弁当

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

185系電車 特急 踊り子 東海道本線 戸塚~大船間 崎陽軒 えび エビ しゅうまい シュウマイ

185系電車・特急「踊り子」、東海道本線・戸塚~大船間

185系電車の特急「踊り子」号が、モーターを唸らせて、残暑の東海道を下っていきます。
在来線特急では最も長い15両編成の「踊り子」号。
多くは前10両が伊豆急下田発着、後5両が修善寺発着で運行されます。
昭和56(1981)年デビューの185系電車も、登場した時のグリーンストライプが復刻されて、だんだんと“今しか見られない風景”へと移り変わってきていることを感じさせます。

東海道 横浜 崎陽軒 えび エビ シウマイ しゅうまい シュウマイ 弁当 駅弁

えびシウマイ弁当

さて、首都圏から伊豆方面へ向かう時、おなじみ「崎陽軒」のシウマイ弁当を買って、列車に乗り込む方も多いと思います。
もしも、今週・木曜までに、横浜周辺で駅弁を買う機会があれば、ぜひ選んでおきたいのが、9/7(金)~9/13(木)までの期間限定で販売されている「えびシウマイ弁当」(920円)です。
まさに今しか見られない、えびを彷彿とさせる“ピンクの掛け紙のシウマイ弁当”です!

東海道 横浜 崎陽軒 えび エビ シウマイ しゅうまい シュウマイ 弁当 駅弁

えびシウマイ弁当

【お品書き】
・俵型ご飯(小梅、黒胡麻)
・えびシウマイ(一口サイズ)
・鮪の照り焼
・かまぼこ
・鶏唐揚げ
・玉子焼き
・筍煮
・あんず
・切り昆布&千切り生姜

東海道 横浜 崎陽軒 えび エビ シウマイ しゅうまい シュウマイ 弁当 駅弁

えびシウマイ弁当

「えびシウマイ弁当」は、今年7月に崎陽軒のウェブサイトで行われたシウマイの人気投票企画「崎陽軒 創業110周年・シウマイ誕生90周年記念90年目の総選挙」から生まれました。
かに・きのこ・黒豚など、様々な味が楽しめる崎陽軒のシウマイ。
この人気投票で定番の「昔ながらのシウマイ」に次いで、第2位に選ばれた「えびシウマイ」が、なんと! シウマイ弁当の主役に躍り出ることになった訳なんですね。
このため、掛け紙にも「えびシウマイ」のキーカラーであるピンクが使われています。

東海道 横浜 崎陽軒 えび エビ シウマイ しゅうまい シュウマイ 弁当 駅弁

えびシウマイ弁当

えびのプリプリ感がたまらない、崎陽軒の「えびシウマイ」。
今回、この1週間の企画のために、「一口サイズ」のえびシウマイが作られました。
この“1週間だけの特別なシウマイ”を実現するには、きっとご苦労があったと思います。
その意味でも、通常のシウマイ弁当+60円の920円という価格は、文字通り“破格”!
もちろん、一口サイズでも、えびはしっかりプリプリです!
今のところ9/13(木)まで、神奈川・東京を中心としたおよそ150店舗で販売中。
それぞれのお店で予約も受け付けています。
機会がある方はぜひ、今だけの“プリプリ感”を体感してみて下さい!

E217系 普通列車 東海道本線 戸塚~大船間 崎陽軒 えび エビ シュウマイ シウマイ

E217系・普通列車、東海道本線・戸塚~大船間

東海道線と並行して、横須賀線のE217系電車も下っていきます。
先日、横須賀線・総武快速線にも、この車両の後継として、山手線で活躍している車両と同じタイプのE235系電車が投入されることが発表されました。
駅弁も、鉄道風景も「一期一会」。
“今だから楽しめる味・旅”を、心ゆくまで満喫したいものです。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


Page top