原因不明の「小児急性肝炎」 ~欧米を中心に報告が増加

By -  公開:  更新:

東京都医師会副会長で感染症担当、「角田外科消化器科医院」院長の角田徹氏が5月31日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。小児の急性肝炎について解説した。

※画像はイメージです

小児の急性肝炎 ~劇症肝炎になれば肝移植するしかない

飯田浩司アナウンサー)今回は小児の急性肝炎について取り上げてまいります。私も7歳の子どもがいるので心配なのですが、世界中で報告があるということです。

角田)欧米を中心に報告が出ていて、16歳以下のお子さんが発症しています。

飯田)以前から子どもが急性肝炎になるという傾向はあったのですか?

角田)エプスタイン・バー(EB)ウイルスという、扁桃腺が腫れて高熱が出るようなウイルスがありますが、その場合などに肝機能障害がみられることがあります。

飯田)そうなのですか。

角田)ただ、今回の欧米での事例は、劇症肝炎になってしまって、肝臓がほとんどダメになってしまうような状態です。そうなると、救うためには肝移植をするしかありません。そこまで重症化する事例は、日本では聞いたことがありません。

急性肝炎

飯田)そもそも急性肝炎というのは、どういう病気なのですか?

角田)急性肝炎の多くは、ウイルス性肝炎です。ウイルスに感染して、肝細胞内で増殖します。それを白血球などが異物だと認識して攻撃するのです。そうすると肝細胞が壊れて肝臓に炎症が起き、GOT・GPTなどの数値が大きく上がってしまいます。

飯田)ウイルス性肝炎。

角田)あとは薬剤が肝臓に悪さをして、急性肝炎のようになる場合もありますけれども、ウイルス感染による肝炎がほとんどです。

飯田)自分の免疫機能によって肝臓を壊してしまう。

角田)異物を排除しようという働きが肝細胞に対して働いてしまうのです。

飯田)それが広範囲にわたると、劇症などに変わっていくのですか?

角田)肝臓は解毒やたんぱく質の合成など、いろいろな機能を持っています。肝細胞がまったく働かなくなると、そのまま死に至ってしまうわけです。代わることができる臓器はありませんから。そうなると、肝移植することでしか救えないのです。

角田徹氏、飯田浩司アナウンサー

原因はまだわかっていない

飯田)一般的に小児の肝炎だと、EBウイルスが原因の場合があるということですが、今回は何か特殊なウイルスなどの可能性はありますか?

角田)一応、アデノウイルスの検出率が高いというデータはあるのですけれども、原因がわからないので、WHOは全世界的に症例を報告させ、データを集めるというようなコメントを出しています。

飯田)可能性のあるウイルスの候補は出てきているけれども、詳細は不明だということですか?

角田)通常、肝炎を起こすのはA型~E型までのウイルスなのですけれども、今回は肝炎ウイルス以外のものなので、まだ原因はよくわかっていないということです。

一般的な治療方法

飯田)重度の場合は移植しなければならないということですが、重度ではない、一般的な治療はどのような方法で治療するのでしょうか?

角田)根本治療ではなく、嘔吐や脱水気味の症状、また高熱が出ますので、それを治すような治療が主になります。

飯田)症状としては発熱などが多いのですか?

角田)目や皮膚が黄色くなってしまう「黄疸」が出る確率が高いようです。黄疸は肝臓の解毒作用が働かなくなっているような状況ですので、いろいろなところに悪い物質が溜まります。腎臓などが悪くなる多臓器不全になる可能性がありますので、それを改善するような治療が主になります。

番組情報

モーニングライフアップ 今日の早起きドクター

毎週月~金曜日 朝6:15~

番組HP

医師が週替わりで登場。
飯田浩司アナウンサーと新行市佳アナウンサーが、健康に関する疑問や予防法、症状、治療法などを聞きます

Page top