「段ボール箱の色」によって「感じる重さが違う」って本当?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月8日放送分のテーマは「色と重さの関係」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

色によって温度や距離、大きさの違いを感じることがありますが、重さにも同じことが言えるそうです。例えば、重さがまったく同じでも、白と黒では重さの印象が大きく違ってきます。

白の重さを「1」とすると、黒の重さは「1.87」……つまり、まったく同じ重さでも、黒の方が白よりも「約2倍重い」と感じるそうです。

「段ボール箱の色」としてイメージしやすいのは「薄い茶色」ですが、引っ越し業者が使う段ボール箱に「白」が多いのはなぜでしょうか?

その理由として、同じ重さでも「白い段ボール箱」の方が軽く感じるからだそうです。薄茶色の段ボール箱は、白の段ボール箱と比べて1.2倍~1.3倍ほど重く感じるのだとか。

引っ越し業者の場合、1日にたくさんの段ボール箱を運びます。作業する方の精神的な負担を少しでも減らす意味で、白の段ボール箱が使われているそうです。

逆に「金庫」の場合、黒や暗い色が多く使われます。見た目的に「重くて簡単に持ち去ることができない」という印象を与えるため、防犯の意味でこの色にしているのだそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top