1971年、任天堂から発売された「ハチの巣ゲーム」とは

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月10日放送分のテーマは「ハチの巣ゲーム」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

「ハチの巣ゲーム」は1971年(昭和46年)、任天堂から発売されました。

ゲームの内容としては、37個のブロックを使ってハチの巣をつくり、その上にハチを乗せます。ハチが落ちないよう、順番にトンカチでハチの巣を叩き落とし、最終的にハチを落とした人が負け……というゲームです。

最初のうちは一度にたくさんの巣を落としても、一緒にハチが落ちる可能性は低いのですが、問題は巣の数が少なくなったときです。巣と巣のつながりやバランスを考えながら、1つずつ気をつけてハチの巣を落とさないと、打ったときの振動でハチが落ちてしまうことがあります。

「どの巣をどうやって叩いて落とせばいいのか?」と、いろいろ考えなければならないので、頭の体操にもなるゲームです。

かつてのハチの巣ゲームは、ハチの巣を置いた状態で遊ぶタイプでしたが、現在は垂直に立てたボードにブロックをはめ込み、ハチの巣をつくって遊ぶタイプのようです。

そのため、ハチの巣は叩いて落とすのではなく、釘のようなもので刺しながら落とすのだそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top