階段を登るときや歩いているときに息切れを感じたら「COPD」を疑え

By -  公開:  更新:

東京都医師会理事で「セントラルクリニック」院長、日本内科学会総合内科専門医の蓮沼剛氏が8月24日、ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」に出演。「COPD」について解説した。

ニッポン放送「モーニングライフアップ 今日の早起きドクター」

有害物質の長期吸入による肺の炎症性疾患「COPD」

飯田浩司アナウンサー)今回は肺の生活習慣病とも呼ばれている「COPD」について伺います。日本のCOPD患者数は530万人を超えると言われていますが、どういう病気なのですか?

蓮沼)訳すと「慢性閉塞性肺疾患」という病気でして、従来は「慢性気管支炎」や「肺気腫」と呼ばれてきた病気の総称です。

飯田)慢性閉塞性肺疾患。

蓮沼)有害物質を長期に吸入ばく露したことによる、肺の炎症性疾患です。習慣を背景にした中高年に発症する「生活習慣病」と言えます。具体的に言えば、子どもの肺を買ってきたばかりのスポンジだとすると、有害物質の吸入によって細胞が壊れ、へちまのように「スカスカ」の状態になります。

階段を登るときや歩いているときに息切れを感じたらCOPDを疑う

飯田)へちまのようになってしまうということは、呼吸していても苦しくなるのでしょうか?

蓮沼)階段を登るときや歩いているときに息切れを感じたり、慢性的に咳や痰が出るなどの症状が起こります。みんなと歩いていて、自分だけついていけないなどの自覚症状が出てきます。

飯田)自覚症状が出たときは、かなり症状が進んでいるのでしょうか?

蓮沼)進んでいます。

「スパイロメトリー」という呼吸機能検査で見つけることができる

新行市佳アナウンサー)どのような検査で見つけることができるのでしょうか?

蓮沼)スパイロメトリーという呼吸機能検査を行います。人間ドックなどで吸ったり吐いたりする検査があると思います。

飯田)「思いっきり吐いてくださいね」と言われるあれですか?

蓮沼)簡単な検査ですが、この検査で引っかかる方もたまにいます。

飯田)思いっきり吸ったあとに「フウー!!」とやるではないですか。吐く量でわかるのですか?

蓮沼)ある一定期間の間に思いっきり吐けるかどうかです。

飯田)COPDが進行している方は、吐ききれないということですか?

蓮沼)そういうことですね。

新行市佳アナウンサー、蓮沼剛氏、飯田浩司アナウンサー

毎年のインフルエンザワクチン、5年に1回の肺炎球菌ワクチン接種

新行)どのような治療になるのでしょうか?

蓮沼)タバコを吸っている人には禁煙していただく。次に、ワクチンを定期的に打ちます。

飯田)ワクチンですか?

蓮沼)インフルエンザワクチンは毎年、肺炎球菌ワクチンは5年に1回接種します。COPDの人が肺炎やインフルエンザに罹ると重症化しやすいのです。

飯田)呼吸器系が弱っているからということですね。

蓮沼)ついでに新型コロナワクチンも打ってください。

飯田)これも呼吸器ですものね。

蓮沼)薬物療法としては気管支拡張薬、吸入する薬があります。あとは喀痰を調整する薬や、少量の抗生物質を使うような治療もあります。

呼吸リハビリテーション

蓮沼)次に大切なのは、呼吸リハビリテーションと呼ばれるものです。

飯田)呼吸リハビリテーション。

蓮沼)ヨガやラジオ体操、また有酸素運動が特に重要です。少し苦しくなるくらいに歩いたり、走れるなら走ります。

番組情報

モーニングライフアップ 今日の早起きドクター

毎週月~金曜日 朝6:15~

番組HP

医師が週替わりで登場。
飯田浩司アナウンサーと新行市佳アナウンサーが、健康に関する疑問や予防法、症状、治療法などを聞きます

Page top