東日本大震災以降一番進化した防災グッズは「スマートフォン」 モバイルバッテリー購入時のポイントを防災アドバイザーが解説

By -  公開:  更新:

備え・防災アドバイザーで、ソナエルワークス代表の高荷智也が9月6日(火)、ニッポン放送『新行市佳のOK! Cozy up!』に出演。「進化する防災グッズ」を解説した。

※イメージ

『新行市佳のOK! Cozy up!』月曜日~金曜日 6時~8時 生放送

まず、防災食の進化について高荷は「東日本大震災以降、大変進化した」と述べ、「防災食は美味しくて当たり前になった」と語った。「以前、防災食は非常時に食べることが大前提で、味などが犠牲になっていた。なぜなら非常時だから。しかし東日本大震災以降、非常時こそ美味しい物を食べて体力、メンタルを回復しようと意識が変わった」と解説した。

中でも高荷がお薦めの防災食として、デニッシュパンの缶詰「缶deボローニャ」を紹介した。これは焼き立てのパンがそのまま缶に詰められているもので、約3年6ヵ月の長期保存が可能となっている。

そして東日本大震災以降、一番進化した防災グッズとして「スマートフォン」を挙げた。高荷は「家族の安否確認、非常時の情報収集、そして防災アプリを使用することで災害の不意打ちも避けられる」と述べた。

一方、心配されるスマートフォンの充電については「モバイルバッテリーやポータブルバッテリーなどの準備が必要」と語った。モバイルバッテリーの購入時のポイントは「スマートフォン1台をフル充電するのに5000mAhが必要。停電が1週間続くと仮定すると、5000mAh×7日分×家族の人数分が必要」となると解説した。

■番組タイトル:ニッポン放送『新行市佳のOK! Cozy up!』
■放送日時:月曜~金曜 午前6時~8時 生放送
■パーソナリティ:新行市佳 (ニッポン放送アナウンサー)
■番組メールアドレス:cozy@1242.com
■番組twitter:@cozy1242
■番組ハッシュタグ:#cozy1242
■番組HP:https://www.1242.com/cozy/◆radikoタイムフリーリンク
https://www.radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20220906061854

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top