岡山駅「桃太郎の祭ずしプレミアム」(1,380円)~寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」20年! 岡山名物駅弁・祭ずしは55周年!

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

285系 電車 寝台特急 サンライズ瀬戸 宇野線 備中箕島 早島 弁当 駅弁

285系電車・寝台特急「サンライズ瀬戸」、宇野線・備中箕島~早島間

朝日を浴びて、早朝の宇野線を駆け抜ける寝台特急「サンライズ瀬戸」。
285系電車「サンライズエクスプレス」の愛称にふさわしい瞬間です。
平成10(1998)年のデビューから今年で20年を迎えた、日本唯一の定期夜行列車。
夜行列車は、目覚めると見知らぬ土地を走っている、あの瞬間がたまらないもの。
寝台特急で迎える朝は、まさに“プレミアムな朝”と言っても過言ではありません。

サンライズ エクスプレス 瀬戸 出雲 桃太郎の祭ずしプレミアム 三好野本店

桃太郎の祭ずしプレミアム

寝台特急「サンライズ瀬戸」と「サンライズ出雲」が分割・併合を行う岡山駅。
岡山の名物駅弁といえば「三好野本店」の「桃太郎の祭ずし」。
この祭ずしに2018年9月から「桃太郎の祭ずしプレミアム」(1,380円)が登場しました。
じつは今年で、岡山駅弁の祭ずしは、昭和38(1963)年の誕生から55周年!
サンライズのように赤を基調とした包装にも、55周年の文字が大きく躍ります。

サンライズ エクスプレス 瀬戸 出雲 桃太郎の祭ずしプレミアム 三好野本店

桃太郎の祭ずしプレミアム

【お品書き】
・酢飯(岡山県産朝日米使用)
・錦糸玉子
・有頭海老の酢漬け
・焼き穴子
・鰆の酢漬け
・ままかりの酢漬け
・たこの酢漬け
・あさり煮
・椎茸煮
・たけのこ煮
・いくら醤油漬け
・作州黒豆(岡山県産)
・蟹ほぐし酢漬け、おぼろ
・酢蓮根、紅生姜

サンライズ エクスプレス 瀬戸 出雲 桃太郎の祭ずしプレミアム 三好野本店

桃太郎の祭ずしプレミアム

包装を開けると、なんと黄金の桃形容器に海老、穴子、鰆、ままかり、たこ…と瀬戸内らしさを感じさせる海の幸をはじめ、色とりどりの様々な食材が“お祭りさわぎ”!
しかも、酢飯には岡山県産「朝日米」を使用するなど、地元食材にもこだわっています。
岡山県産朝日米はコシヒカリ系の米が全国を席巻するなか、西日本随一のブランド米。
お米界の“サンライズエクスプレス”と呼びたいくらい、孤高の魅力あるお米なんです。
三好野本店によると、朝日米は穂が重く、栽培も手間がかかると言いますが、特に酢飯にしたとき、酢とよく馴染む米で、まさに祭ずしにピッタリのお米なんだそう。
その意味でも、プレミアムな祭ずしなんですね。

285系 電車 寝台特 サンライズ出雲 山陰本線 直江 出雲市 弁当 駅弁

285系電車・寝台特急「サンライズ出雲」、山陰本線・直江~出雲市間

三好野本店によると、「桃太郎の祭ずしプレミアム」は、下り「サンライズ瀬戸・出雲」が、岡山に到着する朝6:27には、岡山駅改札内2階のお店で購入可能とのこと。
また、朝のサンライズ発着時にはホームに「祭ずし」の幟を立てて販売も行っているそうで、プレミアムバージョンを手に入れたい場合は、何号車に乗車するかを伝えた上で、事前に予約をすれば対応してもらえるということです。

285系 電車 寝台特急 サンライズ瀬戸 出雲 東海道本線 根府川 早川 駅弁

285系電車・寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」、東海道本線・根府川~早川間

サンライズエクスプレスで朝日を浴びながら、「朝日米」の祭ずしを食べて、“晴れの国・岡山”を巡るのも、じつにプレミアムな旅!
もちろん上り列車でも、夜行列車の朝はプレミアム!
今年も残すところ1か月あまり、「桃太郎の祭ずしプレミアム」は年明けもまだ販売予定とのことですが、祭ずし55周年の今年だからこそ、ぜひ岡山を訪れて味わいたいものです。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


Page top