横浜駅「彩りちらし弁当」(980円)~春の彩りを感じて湘南・伊豆へ!

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

185系電車・特急「踊り子」、東海道本線・横浜~戸塚間

立春、暦の上では「春」となります。
とは言え、都心部ではまだまだ寒さは続きますが、少し足を伸ばした湘南・伊豆方面は、少し早めに「春」の兆しが感じられるエリア。
大きなモーターの音と共にグリーンストライプの185系電車・特急「踊り子」がやって来ると、あの電車に乗って、温泉でのんびりしたいなぁ…と思いますよね!

彩りちらし弁当

横浜から「踊り子」号に乗車するときは、やっぱり「崎陽軒」の駅弁。
いつもの「シウマイ弁当」もいいですが、できれば、その時期だけの駅弁を選びたいもの。
現在1月から4月中旬までの期間限定、および神奈川エリア限定で販売されているのが、「彩りちらし弁当」(980円)です。
ご覧の皆さんは、崎陽軒の“ちらし寿し”…召し上がったことはあるでしょうか?

彩りちらし弁当

【おしながき】
・ちらし寿司(えびの酢〆、とびこ、味付け椎茸、山せり、蓮根の酢漬け、錦糸玉子)
・菜の花と筍姫皮の和え物
・昔ながらのシウマイ3個
・金平蓮根煮
・穂先筍含め煮
・ふき含め煮
・人参含め煮
・こんにゃくピリ辛煮
・くず餅(抹茶餡)

彩りちらし弁当

掛け紙を外すと、折のなかはひと足お先に春爛漫!
まるで花畑のように彩り鮮やかなちらし寿司はもちろん、菜の花と筍姫皮を使った和え物、煮物にも筍や蕗を使うなど、春らしい食材がいっぱいです。
特に菜の花と筍姫皮の和え物は、白だしが効いてとても口当たりがいい逸品。
もちろん「昔ながらのシウマイ」も3個入って、崎陽軒らしさをしっかり出しています。

251系電車・特急「スーパービュー踊り子」、東海道本線・横浜~戸塚間

“乗ったときからそこは伊豆”をコンセプトに作られた、251系電車の特急「スーパービュー踊り子」号は、多くの列車が横浜を出ると熱海までノンストップ。
横浜で駅弁を買って乗り込めば、伊東から先の東伊豆エリアまでのおよそ2時間、程よい駅弁タイムにすることができます。
大きな窓から広い海を眺めて、駅弁と一緒に鉄道旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


Page top