あけの語りびと

「ブラック焼きそば」が糸魚川の名物グルメになった理由

By -  公開:  更新:

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

月徳飯店「糸魚川ブラック焼きそば」(糸魚川うまいもん会ホームページより)

俗説なのか、偶然の一致なのか?「黒い食材は体にいい」という話があります。

思いつくままにあげてみると、海藻のひじき、黒豆、黒酢、黒ごま……体によさそうなものがいっぱい! ダイエットにもいいそうです。

世界的にも珍しいヒスイの産地、新潟県糸魚川市は、景勝地親不知で知られ、ユネスコの世界ジオパークにも指定されている街です。

ここで有名な食べものと言えば、「焼きそば」。ただの焼きそばではありません。見た目は真っ黒で、ガツンとインパクトの強い『ブラック焼きそば』なのです。

考案したのは「月徳飯店」の月岡浩徳さん。3代目の社長さんです。

月岡さんは地元の高校を卒業した後、東京の大学へ進学。卒業後は9年間、横浜で修業しました。それから地元に帰ったとき、地域振興会や観光協会の言葉を聞いて、大いに発奮したと言います。

「糸魚川にはグルメがない」「何か、突出した味が欲しいもんだ」

これは、月岡さんの料理人としての使命感に火をつける言葉でした。

「月徳飯店」ホームページより

「糸魚川には、うまい魚がある。米だってうまい。なのにどうして、うまい料理がないんだろう? よし、自分がつくってやろうじゃないか!」

いまから10年前の決心でした。月岡さんが最初に目を付けたのは、日本海の「甘エビ」でした。

「ところが甘エビというのは、刺身やちらし寿司にしか使えないんです。火を通すとプリプリ感がなくなってしまう。中国料理で『甘エビの踊り食い』というメニューも考えました。ところが、海水浴やお盆の帰省客で賑わう7月~8月は、甘エビの禁漁期。あきらめました」

次に考えたのは、「アンコウ」だったと言います。

「糸魚川は、キアンコウといういい魚がとれるんです。でも、うまいのは冬場だけ。前菜、チリソース、鍋物、いろいろ考えましたが、安定した食材が獲れないということで、これもあきらめたんです」

意気に燃える料理人・月岡浩徳さんは、ここでトンネルに入ってしまいました。

「月徳飯店」ホームページより

甘エビもダメ、アンコウもダメ。こんな月岡さんに見えた一すじの光明は、10年前、大漁に次ぐ大漁だった「イカ」でした。月岡さんは振り返ります。

「イカだけは、どうしようもないくらい獲れたんです。冬はヤリイカ、3・4・5月はホタルイカ、秋はアオリイカやコウイカ、そして1年中獲れるマイカ……。これで糸魚川名物をつくろう、と思いました」

イタリア料理に、イカスミとオリーブオイル、ニンニクでつくるパスタがあることは知っていました。

「そうではなくて、中華麺と特製ソースと、糸魚川のイカだけでつくってみよう」

何度かの試行錯誤の末に完成した「ブラック焼きそば」でしたが、試食会を兼ねたキャンペーンで、来場者の最初の反応は、芳しいものではありませんでした。見た目の真っ黒なインパクトに戸惑う人が多かったようです。

持ち帰り・配達用のお弁当なども(「月徳飯店」ホームページより)

「やっぱりダメか……」とあきらめかけたそのとき、「キャハハ」と明るい笑い声が聞こえたそうです。見れば、会場に来ていた女子高生たちが、イカスミで真っ黒に染まった口元がおかしいと、お互いの顔を写真に撮り合っていました。

「ああいう若い世代にウケることが大切なんだね」と、観光協会の局長も満足そうだったと言います。

「月徳飯店」のブラック焼きそばは、真っ黒な麺を覆うように薄焼き卵を載せて、マヨネーズとケチャップを網目状にあしらい、見た目もおしゃれな仕上がり。黒い麺をひと口すすると、正真正銘焼きそばの味です。

イカスミの風味も旨い。イカの身や薄焼き卵、卵の上にはイカせんべいのカケラ、紅ショウガや豆板醤も味にアクセントを添えてくれます。

月岡さんはこの「ブラック焼きそば」を、「糸魚川うまいもん会」の加盟店・16店のメニューで共有しています。条件は3つ。

(1)中華麺を使う

(2)イカスミを使う

(3)地元のイカを使う

その他は、それぞれの店の創意と工夫を凝らせばよしとされています。

ブラック焼きそばのPRキャラクター「ブラック番長」もいます(糸魚川うまいもん会ホームページより)

月岡さんは東京のテレビで、全国の有名焼きそば店との共演も果たしました。秋田県の横手焼きそば、静岡県の富士宮焼きそばなど、名だたる名店ばかり。

そのとき、福島県の会津カレー焼きそばの担当者と、1杯酌み交わす機会があったと言います。そこで月岡さんは、大切な話を聞いたそうです。

「富士宮焼きそばは70年、会津カレー焼きそばは50年。1つの料理が街の文化になるためには、長い時間がかかるんです」

月岡さんは言います。

「この言葉を胸に、これからも細く長く、フライパンをふるいたいですね」

番組情報

上柳昌彦 あさぼらけ

月曜 5:00-6:00 火-金曜 4:30-6:00

番組HP

眠い朝、辛い朝、元気な朝、、、、それぞれの気持ちをもって朝を迎える皆さん一人一人に その日一日を10%前向きになってもらえるように心がけているトークラジオ

Page top