コラム

八雲ふみね鬼滅の刃ももいろクローバーZ百田夏菜子新田真剣佑尾上松也山崎紘菜瀬戸内寂聴坂口健太郎ミラ・ジョヴォヴィッチ

加賀温泉駅「金沢三昧」(1200円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.24「高野商店」編(5))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 金沢から終着・大阪を目指して走る、北陸本線の特急「サンダーバード」。 平成7(1995)年に特急「スーパー雷鳥(サンダーバード)」として登場した列車が起源で、平成9(1997)年には、シンプ…

加賀温泉駅「のどぐろだし巻き玉子弁当」(1180円)~駅弁屋の厨房ですよ!(vol.24「高野商店」編(4))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 大阪からの特急「サンダーバード」が、加賀温泉駅に到着します。 「サンダーバード」は大阪を出ると、新大阪・京都・敦賀・武生・鯖江・福井・芦原温泉などに停車し、加賀温泉までは概ね2時間15分あま…

加賀温泉駅「柿の葉ずし」(1000円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.24「高野商店」編(3))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 名古屋・米原~金沢間で運行されている、特急「しらさぎ」。 「しらさぎ」の愛称は山中温泉の「白鷺伝説」に由来するとも云われ、JR東海管内の名古屋に直通する列車もあることから、車両の窓枠下にはオ…

加賀温泉駅「幕の内弁当」(700円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.24「高野商店」編(2))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 大阪~金沢・和倉温泉間を東海道本線・湖西線・北陸本線経由で結んでいる特急列車「サンダーバード」が、北陸トンネルを目指して、颯爽と走り抜けて行きます。 昭和37(1962)年6月、敦賀~南今庄…

加賀温泉駅「蟹百万石」(1350円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.24「高野商店」編(1))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 冬本番、本場のカニが恋しい時期です。 東京から北陸新幹線に飛び乗れば、金沢までは2時間半~3時間ほど。 山中・山代・片山津の加賀温泉郷や、少し足を伸ばして能登・和倉温泉をはじめとした、石川県…

越後湯沢駅「牛~っとコシヒカリ」(1100円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.23「川岳軒」編(5))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 令和3(2021)年も、「ライター望月の駅弁膝栗毛」をよろしくお願い申し上げます。 この年末年始は、全国の駅弁屋さんを訪ね、駅弁の製造過程とこだわりを伺っている、「駅弁屋さんの厨房ですよ!」…

越後湯沢駅「越後 林道かまめし」(1100円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.23「川岳軒」編(4))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 広大な水田のなかを走る上越線。 昭和57(1982)年夏、新幹線開業直前の上越線を、ボンネットの181系電車「とき」で、初めて旅したときも、一面の田んぼが広がっていた私の幼き日の記憶がよみが…

瀬戸内寂聴 いまある悲しみの先には、思いもよらない嬉しいことが待ち構えているかもしれません

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第1602回 人間は不如意なことに遭うと、これで人生が終わったかのように悲しみます。しかし、その先に思いもよらない嬉しいことが待ち構えているかもしれないのです。希望を持って立ち向か…

越後湯沢駅「どかんとかにずし」(950円)~駅弁屋さんの厨房ですよ!(vol.23「川岳軒」編(3))

【ライター望月の駅弁膝栗毛】 2020年の年末、上越国境はドカ雪に見舞われ、高速道路は大きくマヒしました。 そのなか、大きなダイヤの乱れもなく運行されたのが「上越新幹線」。 昭和57(1982)年の開業以来、雪に強い新幹…

Page top